アーカイブ

ワーカーという言葉

営業活動をしていると「ワーカー」という言葉を良く目にします。
でも私・・・この言葉、あまり好きじゃありません。

ワーカーは、プログラマーとは違い、デザインを元にHTMLを起こす人をいうみたいだけど
でも、この作業は簡単そうでそんなに簡単ではないです。
htmlやcssって結構奥が深くて私はあまりわからないです。
わからないけれど普通にタグは書けますが、細かい所はやっぱり無理だなと。

で、このワーカーさんというのは、フォトショップを使いこなすというから
WEBデザイナーとそう変わらないじゃないと思うのです。

つまり簡単ではない仕事ということ。

でも、なんだか単価は安く設定されている事が多いように見えます。
もちろん、ものによってはプログラマーも安く設定されている依頼も多く目にしますが。

なんだか気軽にできるよと思われているのが不思議です。

そもそも「簡単」なら自分でやれば?と思うし。
SOHOをかる~く扱う人(や会社)はどうかなと私は思います。
そうじゃない人とお付き合いしたいなと思っています。

プログラマーは、大変だけど作ったものが動く楽しさはあります。
初心者でもOKという会社は多いので、まだまだこれからやりたい!という人も
まずは、会社に在籍して実績を積むのが良いと思います。
この業界は、資格よりも実務経験を重視するので。

ただ、初心者から入社すると全然、給料があがらないというのが多いので
ある程度のところで会社と交渉してダメだったら、次へステップアップする
というのが一番の道かなと思います。

やりたい技術ができないのならば、やりたいと会社に伝える。
それだけのことを出来るというのを認めてもらえるようにアピールする。
どんな案件も一生懸命にやっていれば、誰か見ています。
その経験が、在宅でやりたいという夢をかなえてくれるかもしれません。

女性は、将来的に結婚や育児で仕事を続けるのが難しいです。
そんな時でも、在宅でそれなりの仕事をできれば、それはそれで幸せだと思いませんか?

今、主婦だと出来ること出来ない事あります。
もし、今、まだ独身だったらやれることはあると思います。

主婦でも、まずは初心者OKパートOKのプログラマーの仕事につくとか。
やっぱり下積み時代は必要と思います。

Accessだけで在宅で仕事できるか?

結論を先に書いてしまうと
「Accessだけで在宅でお仕事っていうのは、難しい」と、思っています。
需要としてはWEBのが大きいから。。

私は会社員時代からaccessを触っていたので歴史は長い方だと思います。
vbaは割と得意です。
でも、javaばかりしていると時折vbaを触ると凄い違和感・・そして使いにくい。

プログラミングをする上で欠かせないのがSQLです。
SQLありきのプログラミングです。
今までの人生でSQLを書かないプログラミングは、皆無に等しい感じでした。

基本構文は勿論、各DBによって違うのですが把握と理解は必要です。暗記の必要はないと思います。
だいたいでいいからこんなのあったなと記憶しておくと
次に同じことがあったら引き出しから取り出しやすいというものです。
記憶の引き出し?みたいな。

SOHOの仕事を探していると、accessの修正案件もあって中を見ると
クエリ多用、DBの概念皆無のプログラムが結構あります。
そして「簡単な修正」と言っている程、簡単ではなく工数も掛かるので
私は受けないようにしています。

なお現在、PrimeFacesというのを使ってJAVA開発しています。
なかなか癖のある言語でかつ検索しても日本語のヘルプが殆どなくて・・
ajaxとか色々使うんですけど、vbみたいな操作性も期待できて凄い画期的。
この間は、vb?と思うくらいの操作性のシステムをこれで作りました。
でも、そうするために、フレームワーク周りを修正するスペシャルな人がいないと
私ではお手上げ状態でした。情報少ないし英語サイトばかりなので猶更。。

私の得意分野は、やっぱりSQLかなと思います。
新しい技術も調査より、一度使った技術や手法は忘れませんので
引き出しとしてすぐに取り出せるというのが強みなのかなと思っています。
会社員時代も現在も、一度お仕事をすると何度か依頼がくるのも
不具合が少ないとか、設計の段階でおかしなところは指摘するので
そういった事の積み重ねなんだと思います。

在宅で仕事を取るには営業活動も必要となります。
お金の話しもしなければなりません。
このお金の交渉は私が苦手とする部分です。
そこで、交渉する際は、旦那さんにメール文章をチェックしてもらい
ビジネスライクに書けているか確認してもらっています。
基本、私の文章は直球らしく・・・オブラートに包んだ
文面に変更してもらうと凄い雰囲気がかわりました。

そこで単価交渉も効果があって・・・今に至ります。

気持ちよく仕事するにはビジネスライクな会話力が必要となります。
SOHOだったらメール文面は大事です。
ビジネスライクな会話力に自信がない場合は、得意そうな人に
添削してもらうと良いと思います。かなり違います。

SOHOだから警戒すること

今まで数多くの求人に申込をしてきましたが
下記のような会社とは、お付き合いをしないようにしています。

・メールの返信をしない。
 →当然というかお互いにという感じです。
・職務経歴書のテンプレートを送ってくる。
 →これが意外と多いのですが、いきなり会社規程の経歴書を
  送ってきて経歴書の返信を要求してくる会社は結構多ありました。
  派遣登録するわけじゃないし、そんなに無意味に個人情報を送りたくないし
  正直、信用できないし、10年以上の経歴を書き写すのは面倒なので・・
・いきなり面接しようとする。
 →具体的な業務内容の説明を省略して、来社するように勧める会社も多い。
  こちらは事情があり在宅で仕事をしているというのもあり、
  仕事がもらえるかわからない状態で、かつ説明もされないのであれば行きません。
  とりあえず登録・・というのは時間の無駄な気がしてしまいます。
・テストと称して設計書を書かせようとする。
 →箇条書きになった説明を元に設計書をおこせというもので
  応募者が多数のため、設計書と金額で再考するという返信でしたが
  こちらからの問い合わせメールの返信もなかったのでスルーしました。
  画面、帳票、テーブル・・そこそこの数あったのでありえません。
  せめて1機能に絞って言ってきたら、返信はしたかもしれませんが・・
・主婦・在宅が100%と強調
 →最初のメールにはAccessでの開発って書いてあったのに
  次のメールでは、Accessは不要とあり矛盾するので、つっこんで聞いたら・・
  IEからログインしてのMDBでの開発なのでAccessの購入は不要です。
  開発者メンバーは全員女性で在宅の主婦です。
  と返信され、いや・・全員女性である必要はないと思うし、どうなんだろう??
  システム使用料とか請求されたりするんじゃないの?等、疑いましたし
  なんだか胡散臭い気がしたのと、メールの返信も聞かれた内容しか答えず
  不親切な感じがしたのと、会社の業務内容で不明点も多かったのでスルーしました。

いや、本当にいろんな会社や個人の人がいて
かなりの安い金額を提示しているにも関わらず、
応募している人が多いのに驚かされます。
その中でも、私は金額と別途「私ならXXで見積りさせて頂きます
とか、勝手に金額提示してメールを送るんですが、殆ど無視されます。
安い金額で外注しても、趣味レベルのプログラムでも良いなら
良いんじゃないかなーって思います。
お互いさまなんだろうけど、信用できるかどうかの見極めって難しいと思います。