WindowsXp ゴミ箱の中が空

S社から仕事用にとノートPCを借りていましたが
次の仕事依頼や連絡がないので、こちらからノートPC返却の連絡をしました。
その返信は、割と早くて、問題ないようなので返却することにしました。
借りた時の状態に戻すべく、自分で作成したファイルや
インターネットの履歴等、一通り削除しました。
最近使ったファイルの履歴も・・・
最後に、ゴミ箱を開いて削除しようと思ったら
ゴミ箱の中が空になっていてファイルが見当たりませんでした。
え?なんで・・・?
権限の問題なのか設定の問題なのか・・・
別にみられて困るファイルは作成していませんが
やはりちょっと気持悪いと思い、調べてみたところ
ゴミ箱のプロパティの設定に
「ゴミ箱にファイルを移動しないで、削除と同時にファイルを消す」
というチェックが付いた状態になっているのが原因でした。
Image1.jpg
こんなオプションがあるなんて今まで知りませんでした。
シフトキー押しながら削除する必要がないという事なんでしょうが
間違って削除することもあるだろうに
なんて危険なオプションなんだろう・・と思ってしまいました。