破産者マップ閉鎖しましたね

スポンサーリンク

凄いですね~破産者マップ
先日、見た時は、まだ普通に見れていましたよ。
近所を見ると凄い真っ赤!びっくり。
しかも子供のクラスメートの家らしき名前があったり
同じマンションのXXX号室のXXXさんとか個人名もあって・・かなりびっくりしました。

思わず、実家周辺を見てしまったけど実家周辺はあまり赤くなっていませんでした。
東京都は凄いですね、こんなに破産している人がいるとは驚きました。

破産者といえば、妹の旦那さんが自己破産したことある人で
もうかれこれ10年以上前のことで、妹が結婚する前のことだから
この破産者マップは当初10年分表示していたけど
アクセスが重くて耐えられなくなって過去3年分に絞ったとのことなんですよね。
だから妹の旦那さんは表示されていなかったんじゃないかなと思います(確認してないけど)
そもそも、破産申告の時の住所と現住所って一緒なのかな~?と疑問に思います。

一応、自己破産すると、引っ越しが自由にできないそうなんです。
住民票を自由に移動できない、って聞いたことがあります。
破産内容にもよると思うけれど、どうなんですかね・・マンション購入して破産したら
そのマンションは競売にかけられるんではないかと思うけれど
ということは、今はそこにお住いではないということ?みたいな。
アパートや都営住宅の人もたくさんいたし、会社経営の人もいましたが
本当に今もそこにお住いなのかな?という疑問は残りました。

賃貸の場合は関係ないだろうから、そこに住み続けているのかな?みたいな。

同じマンションでも2部屋程、名前がありました。
名前と号室までご丁寧に。
しかも隣のアパート?賃貸マンションに子供のクラスの子らしき名前も。
珍しい名前なので多分そうじゃないかな~って

これらの情報を瞬時に詐欺に使おうと詐欺集団が動いたりしているようだし
この破産者マップの削除申請だって、申請内容を見るとえ?必要?って思う
個人情報もたくさんありました。
でも、それをまじめに書いて送信している人が少なからずいたということ。
そんなことしたら、詐欺対象リスト入りなのに。
免許証のコピー、家族の保険証コピー、会社名、年収とかいります?

自己破産とは、経済的に立ち行かなくなった方が、裁判所に申立てを行って財産を清算する手続をいいます。 この表れとして、破産法では、免責手続が定められており、裁判所から免責許可決定が得られれば、借金をゼロにし、返済する義務を免れることができます。

でも、実は、免責にはならないそうですよ~
少なくとも妹の旦那さんは、なんで借金したのかしらないけど
色々な人に借金をして、しばらく返済していました。
一部、チャラになったのかもしれないけれど、一生涯チャラっていうわけでもなさそうです。
特に、ギャンブルとかで借金したものを自己破産しても免責にならないそうですし
そもそもリスクも大きく、子供がいじめの対象になったり悲惨ですよね。

そんな個人情報を平然と掲載するもんだから、大荒れでしたね。
技術者のひとりとして、視点は良さそうと思うけど、モラルとか使い道がいまいちでしたね。
忘れないで欲しいのは、破産者は、必ずしもチャラになっていないってことです。

後、基本的に破産者情報は、気軽に検索できなようになっているのに
こんなにも簡単に見れるようになったらアウトだよねと思いました。
根本的に、個人情報を晒すのはやめてくれと言いたい。

模倣犯が出ないように、警察にはしっかり入ってもらいたいものです。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする