SSL対応しました(エックスサーバー)

スポンサーリンク

当サイトのWordPressもSSL対応をしました。(2019年3月19日)

当サイトは100記事くらいの小さなサイトですが、サーバーはエックスサーバーを使用しています。
エックスサーバーでは、独自SSLを無料で利用可能できると知ってやってみました。
そんなに難しいものではないけれど、少々面倒だなと思いました。
初心者でも誰でも簡単!とは思いませんでした。忘れないように備忘録。

ブログ全体を HTTPS にすることを「常時SSL」というそうです。
イメージとしては「http://t-yumi.jp/」→「https://t-yumi.jp/」なり
アドレスバーに「保護されていません」となっていたのが鍵アイコンになります。

1. バックアップ

バックアップ用のプラグイン「BackWPup」を入れました。

2. エックスサーバーでSSL申請

サーバーパネルに入って左下の設定対象ドメインを選択して設定するをクリック
SSL申請をしました。

3. ワードプレスの修正

サイトURL変更

WordPressの設定→一般設定にあるアドレスURLを「https://t-yumi.jp」に変更

内部リンク変更

内部リンクの変更は、プラグイン「Search Regex」を使うと簡単にできました。
一括置換が出来るので凄く便利でした。

4. htaccess編集

http://t-yumi.jp/へアクセスされたのをhttps://t-yumi.jp/へ自動切替するもの

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

※「# BEGIN WordPress」の上に入れておけば大丈夫みたいだけど自己責任で・・

5. 各種URL変更

アフィリ系のリンク修正

ブログ村やアフィリ系のサイト登録情報を変更しました。

6. F12でエラーチェック

ChromeのF12でエラー箇所をチェックして不要なバナーを削除
結構バナー系が多かったです。

まとめ

面倒だったけど、ずっと「保護されていません」が気になっていたので丁度良かったです。
凄くわかりやすい解説サイトも多くて助かりました。
また、エックスサーバーだからこそだったので、最初にエックスサーバーを選択して良かったです。

ブログやサイトを作成するのに必要なのが
・独自ドメイン
・サーバー

ですが、セキュリティ面から考えてもエックスサーバーが最強っぽいです。
ちなみに一番安いプランが「X10」で私もその契約ですが
まだまだ空き容量はたっぷりあります。月額900円(税抜)

キャンペーン情報
【期間限定】2019/04/26(金)18:00までに新規申し込みで
ドメインが契約期間中ずっと無料!

これ凄いです。私は毎年更新料払っているから。。



・無料独自SSL
・MySQL 50個
・SQLite 使える
・マルチドメイン・・無制限
・サブドメイン・・無制限

参考サイト:
https://naifix.com/xserver-ssl/
https://nelog.jp/wordpress-ssl
https://blog-tip.com/wordpress/server/x/always-set-ssl/

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする