AzureSQLServerとローカル環境のAccessの連携について

スポンサーリンク

AzureSQLServerとローカル環境との接続は、比較的簡単に連携が行えるのがわかりました。

既にあるAzure SQL DatabaseをローカルのAccessでリンクテーブルとして使う事が可能です。ODBCの設定をするとA5M2ツールも使えるため、Azure のSQL Serverのデータを直接参照したりコマンドを送信する事が可能です。

前提

・AzureSQLServerに既にDBが存在すること
・ローカル環境にAccessがインストールされていること

開発環境

・AzureSQLServer
・MicroSoft Access2019(64bit)

ドライバのインストール

ODBC Driver 13 for SQL Server」をダウンロードしてインストールします。

ODBCの設定

ODBC64ビットを起動します。


名前:azure_db
サーバー:XXXX.database.windows.net

ログインIDとパスワードを入力


Azureで作成したデータベースを指定


SQL Serverの言語:Japaneseを選択


セットアップ


データソーステスト

Accessリンクテーブル

Accessを新規に作成して起動
外部データ→新しいデータソース→他のソースから→ODBCデータベースを選択







まとめ

意外とあっさり簡単に接続できました。
後は、きちんと実用に耐えうるか検証が必要となりますが、こちらは未検証となります。もしこれらが正常に動作するならば、各拠点で1つのDBを共有することができるので、モバイルはAccess以外で作成してDB共有させる等、色々な使い道も出来るようになるのは大きいなと思います。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする